着付けに関する情報が満載です!

このサイトでは着付けの習い事をするなら知っておきたい、様々な用語についてご紹介しています。
「引き染め」とは何かをはじめ、「畳紙」や「伊達襟」、さらには「ちりめん」や「道中着」などまで、知っているようで知らないことも多いこれらの特徴を解説しているサイトです。
普段あまり着ないことも多いため、分からないことも多い着物の着方を習うのであればこのような知識を知っておくと役に立つ可能性があるので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

着付けの習い事をするなら知っておきたい「引き染め」とは

着付けの習い事をするなら知っておきたい「引き染め」とは 美しい着物に魅力を感じて、習い事で着付けをはじめようと考えている人もいるでしょう。
着物に使われている生地の染色技法には様々なものがありますが、その1つには「引き染め」と呼ばれるものがあります。
一般的な生地を染めるための方法には、浴染法という染料が含まれている液に生地を浸して染めるというものがあります。
しかしそれに対して引き染めは、刷毛を使って染料を布に付けて色を付けるというものです。
色は均一に付けたり部分的にぼかして付けたりすることもあります。
長い生地の両端を引っ張って伸ばし、染色するのも特徴の1つです。
着付けの習い事をしていると、このような引き染めによって染色された着物を扱う機会もあるでしょう。

着付けや染め替えの習い事で知識を付けよう

着付けや染め替えの習い事で知識を付けよう 日本人として生まれてきた以上、民族衣装である着物を上手に着付ける方法は最低限身に付けておきたいところでしょう。
代々伝わる家宝のような着物が箪笥の奥深くに眠っている家庭も多く、辿ってきた歴史や思い入れの深い着物を受け継ぐことだってあり得ます。
そんなとき、何も知識がないままでは格好がつかないので注意しなければなりません。
大切に扱わなければならない着物ですが、長年使用していない状態だとお直しが必要な場合があります。
ほんの少し色褪せている程度なら問題はないですが、見るからに色味が薄まっていて全体的に汚れも目立っているのであれば、思い切って染め替えをしてしまう方がいいかもしれません。
染め替えとは、生地を傷めつけないように特別な薬品を使用して色抜きを行い、引き初めで元の色をできるかぎり再現して染め直す作業のことを言います。
大きなシミなどができている場合にも効果的なお直し方法なので、気になる方は専門店に相談して直してもらいましょう。
また、着物のマナーや着付け方法をしっかりと学びながら、自分である程度の染め替え作業を行えるように指導してくれる習い事の教室も存在しているので、知識を身に付けたい人は積極的に習い事教室に通ってみることをおすすめします。

着付けの習い事の選び方のポイントと月謝について

習い事で着付けを習いたい方は、月謝や内容で選ぶのがポイントです。
趣味で習うのか講師になり仕事として着付けを習うのかで月謝も選ぶ教室のコースも異なります。習い事の一つで人気が高いのは、趣味として楽しみたい方と、仕事にして収入を得たい場合があります。選ぶポイントは相場とかけ離れていないか、何を習得できるのかがポイントです。毎月一万円程度から2万5千円程度まで幅があります。事前に用意するものや、無理がない費用化がポイントです。着物や帯を無理に買わせない教室を選ぶのがポイントになります。口コミをサイトで調べたり、体験教室で講師の質を確認するのが大事です。大人が選ぶ習い事で多いこのサービスですが、どのくらいの期間のコースかとトータルの費用を考えます。月に一万円程度はかかるので、まずは体験教室で自分に合った教室かとレッスンの内容を比較検討するのがポイントです。通いやすい時間帯と場所にあるかが費用以外に重要になります。

着付けは将来きっと役立つおすすめの習い事

女性におすすめの習い事の一つが着付けです。着物には縁がないという方でも、将来冠婚葬祭などで着物を着る機会が何かと出てくるものですが、その時に着物についての知識や経験があれば、他人に頼まず自分で着ることができますし、慌てずに対処することができるでしょう。
着物の着方、他人へ着付ける方法だけ習う習い事ではないかと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、教わることは着物の歴史から日本文化、着物を着ている時の立ち居振る舞いなど多岐にわたります。学校で習う事がなかなかない知識ばかりで、冠婚葬祭のマナーなどに通じる実用的な習い事と言えるでしょう。
着物をきっかけとして日本文化も奥深さに気付くことができ、もっと知りたいという気持ちになる方も多いようです。国際交流の機会も増えてきています。来日する外国の方は日本の文化について興味を持っている方も多くいらっしゃいます。もし日本文化に関する質問があった時にも、習った事が活かせたと思えます。

習い事の着付け教室の正しい良い選び方とは

習い事の中でも着付け教室は人気です。和装というのは憧れる人は多くても、自分で着付けをするのはとても大変ですし、美容院を予約しなくても自分で全てできれば良いのに、と思う人は多いからです。ですが着物の知識もほとんどなく、また気軽に着れる着物も持ち合わせていないような人であれば、どのような教室を習い事として選んだらいいのかも迷うものです。ですから選び方として良いのは、無料体験があることです。
無料体験があれば大体どんなイメージで進んでいくのかもわかりますし、どこでどのような費用がかかってくるのかもわかります。講師との相性も把握することができます。特に気になってくるのが着物を強制的に買わされることがないかということですが、着物を扱っている習い事なため、まったく購入のお誘いがないような教室は珍しいともいえます。なのである程度勧誘を受けても、断りやすいかそうでないかで習い事を決めるようにすると良いでしょう。

作法を学ぶことが出来る着付けの習い事とは

様々な習い事がありますが、日本の伝統文化である着物の着付けは、とても人気のある習い事でもあります。
着付けの習い事では、着物を着ることが出来るようになることの他に、着物を着る時に大切な作法を学ぶことも可能です。和装の時には独特のルールやマナーがあり、最低限知っておくことが必要なことがあります。着物の教室では、このような、着物を着た時の立ち振舞いやマナーを、総合的に学べることも魅力の1つです。歩く時や階段を上り下りする時、手を上げる時やものを拾う時など、美しい所作に見えるように振る舞うことが大事になります。和装の時だけでなく、普段の日常の中でも役に立つ知識を学ぶことが出来ますので、自分を磨くための習い事として作法を習得するのも良いでしょう。訪問先での立ち振舞いや和室での挨拶の仕方などは特に、役に立つ機会が多く、マナーとして知っておくことで、周りから一目置かれ、良い印象を与えることが出来るでしょう。

着付けの習い事を始める時に資格取得を目指す

着付けの習い事を始める方も多く、自宅で着物を着られるようにする以外にも、美容師など、仕事で活かせる職種があります。
指導できる立場にもなりたいときに、目標を持ってレッスンを受けることができるようにするため、資格取得に注目することも大事なポイントです。資格取得に注目することにより、目標を持って頑張ることができるコースを選択して努力できるようになります。習い事に関する情報を集める時に、趣味として楽しめる初心者向けの分かりやすいコース以外にも、仕事で活かせるスキルを身に付けることができるようにサポートができるところもあります。初心者向けのコースでレッスンを受けた後に、次のステップへと進めることもできます。次のステップで、目標を持って頑張ることができるコースを選択することができる点にも注目することをおすすめします。仕事帰りに学ぶことができる着付け教室もあり、一人一人に合った学習の仕方ができる点にも注目です。

花嫁修業での習い事には着物着付けもおすすめ

習い事をする理由は人それぞれ違いがありますが、花嫁修業として料理などを学ぶ人も多くなっています。
花嫁修業なら、料理のほかには生け花なども役立ちますが、着物の着付けも検討してみてはいかがでしょうか。
最近では、着物を着る機会が少ないということもあり、着付けの技術や知識を持たない人も増えています。実際に着るときは、美容室などに依頼することも多くなっていますが、そうなると費用も多く発生します。その点、自分で着られるようになれば、余計な費用もかからず好きなタイミングで着用できるようになります。自分で着ることはもちろん、子供など家族にも着せてあげられるようになりますし、友人などの依頼にも対応できるようになります。
さらに、技術を磨いておけば仕事の面でも役立つ可能性もあります。礼儀作法や美しい身のこなしも学ぶことができるので、習い事の中でも根強い人気があります。まずは、安心して通える教室を選ぶことが大事ですので、体験レッスンなどがあれば参加してみましょう。

着付けの習い事していることを活かせる職業について

着物は古来より続く日本の伝統衣装ですが、七五三や成人式、結婚式等といったハレの場面以外では着たことがないという日本人が多くなってきました。そういった人生の節目を彩る正装・礼装としての着物は美容院などでプロに着せてもらうことがほとんどです。そのため、着物を自分で着られる人となるとかなり数が少なくなってきています。それだけ着物離れが深刻だということでもありますが、それだけ「着物を着ることができる」ということが稀な特技なのだと言うこともできます。
日常的に着物を着ることは少ないとはいえ、着物姿の方が働く和の空間は今での国内外で愛されています。老舗旅館や料亭の中居さん等も着物を着ていることが多いですし、美容室で働く場合でも着付けができると大助かりです。そのように着物を着ることができる、着させることができることが活かされる職業は色々とあります。ピアノや英会話など習い事はたくさんありますが、着付けの習い事していることが役立つ場面も少なくないはずです。

人気の習い事・着物の着付けはリモートで可能?

習い事で様々な技能を身に着けたり、趣味を増やすのは有意義で楽しいことです。中でも人気があるのが着物の着付けですが、仕事帰りに通うのは大変という人もいるかもしれません。
意外に思われるかもしれませんが、実はリモートで教わることも可能です。きちんとした教室で運営しているオンラインプログラムなので、安心して受けることができます。ネット環境さえ整っていればいつでもどこでも受けられるというのは大きなメリットです。近くに良い教室がないという場合でも、気にせず受講することができます。また、大きな荷物を持って通う手間もありませんし、雨の日でも自宅でできるのでとても楽です。あらかじめ撮影済みの映像を流すパターンでは、疑問点をその場で尋ねることができないというデメリットがありますが、その場合は1対1の対話型の講座を選べば大丈夫です。自分のペースで楽しく学べるリモートの着付け教室を、習い事の一つの選択肢に加えてみるのも良いのではないでしょうか。

着付けの習い事で、「十二単」にもチャレンジしてみませんか

最近では日本古来の伝統衣装である着物離れが進んでおり、七五三や成人式、結婚式等といった人生の節目のイベントでしか着たことがない方が多いです。そういった場面での着物は晴れ着・礼服にあたります。晴れ着は当然のことながら労働に適した服装ではありませんので、着物を着た際には動きづらさや着るまでにかかる手間の多さに驚いたことがあるかと思います。ですが、それ以上に動きづらく、着るのが大変なのは何と言っても和の正装の極みともいえる「十二単」です。
成人式や結婚式等で着用する晴れ着は武家式の和服です。しかし雛人形がまとう「十二単」は公家や宮廷での平安時代から続く格調高い装束です。現在では皇族の方々でも婚礼や即位といった特別な式の際にしかお召しにならない装束ですが、一般庶民でも歴史のある観光地や結婚式等で身につけることができます。和の習い事をしている人も稀な昨今では、更に平安装束までできるというとかなり特殊な技能です。着付けの習い事をする際には、いっそ平安装束の着付けまで習ってみてはいかがでしょうか。

着付けの習い事で得た技術は七五三でも役に立ちます

洋服と比べて小物が多く着るだけでも大変で更に動きにくい着物は、日本人の日常生活からどんどん姿を消してしまいつつあります。普段着は勿論、お洒落着として着物を着る方の数も少なくなり、七五三や成人式、結婚式といった極限られた場面でしか着たことがない方も増えています。そういった人生の節目のイベントにおける晴れ着・礼服も、より着やすいドレスの方を選ばれる方が少なくありません。そのように斜陽な着物業界ではありますが、それでもやはり日本の伝統美を身にまとえるという他にはない強みは揺るぎません。着物を着ることができる、着せることができるという技能は、なかなか稀な強みになります。
七五三はまだ幼いお子様が慣れない晴れ着を身にまといます。そのため帯等が苦しくなってしまったり、元気に動いて着崩れてしまったりと綺麗な状態の着物を姿をキープしておくことはなかなか大変です。習い事で着付けができるようになると、そんな場面で着崩れを直してあげることもできます。自分が着られるだけでなく他者のフォローもできる、とても良い習い事だと思います。

おすすめの着付け情報サイト

着付け教室を横浜で検討する

新着情報

◎2023/7/3

情報を追加しました。


>花嫁修業での習い事には着物着付けもおすすめ
>着付けの習い事していることを活かせる職業について
>人気の習い事・着物の着付けはリモートで可能?
>着付けの習い事で、「十二単」にもチャレンジしてみませんか
>着付けの習い事で得た技術は七五三でも役に立ちます

◎2021/11/3

情報を追加しました。


>着付けの習い事の選び方のポイントと月謝について
>着付けは将来きっと役立つおすすめの習い事
>習い事の着付け教室の正しい良い選び方とは
>作法を学ぶことが出来る着付けの習い事とは
>着付けの習い事を始める時に資格取得を目指す

◎2021/5/7

着付ける時のポイントとは
の情報を更新しました。

◎2020/12/23

知っておきたい「道中着」とは
の情報を更新しました。

◎2020/10/28

知っておきたい「ちりめん」とは
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「習い事 日本」
に関連するツイート
Twitter

友達が旅先で習い事してるの見てべにも日本じゃない国のいろんな国のダンスレッスン1日だけ受けて見たいかもって思っちゃった...😳😳💓💓✨

返信先:幼少期の衣類は着物です。着付けなんて上品な言葉は使いませんでした。遊びの中や日々の生活の中で日本人であったおばあちゃん。文化は生活を中に根付いてこそ、生きた日本となるのでは?最早習い事の世界でしか生き残る事の無い日本文化。寂しいですね。

この間、習い事の発表会で日本髪だった時に化粧と髪型が違うからか娘が 「声と雰囲気は母だが🤔…?」 という感じで難しい顔をしていて可愛かった

日本で行う何もかもが半額以下なのだから、習い事とかマッサージとか美容室、エステなんかに行くのが正解で輸入品をAmazonで買ってる場合じゃないんだよな。日本人の人件費が何よりお買い得なんだから、倍くらいサービス業を利用して健康になったりすればいいはずなんだよな。

小さい子どもを抱えての海外赴任の帯同って疲れるよね。遊ぶ場所とか預ける場所とか習い事とか移動とか。住む国によって育てやすい環境なのかの違いはあるだろうけど、日本人だからやっぱり日本の方が楽だと感じる。ただ、日本は子どもに対しての世間の目が冷たいから育てるのにピリピリするけどね。